30代 40代

再婚の方に読んで欲しい!再婚の結婚式のすすめ

投稿日:

この記事をお読みいただいているアラフォー世代の方たちの中には「再婚」する予定の方もいらっしゃるのではないでしょうか。再婚には様々な理由があると思います。「性格の不一致」「死別」「相手の親と上手くいかなかった」等の理由で離婚したとしても、縁あって再婚されることになったアナタにお伝えしたいことがあるのです。

再婚の際の結婚式の実施について

再婚となると結婚式は「やらない」という選択肢をされる方も多いでしょう。しかし本来、結婚とは両家の結びつきを表します。同じ相手でない限り、相手の方とは初めての結婚ですよね?「再婚だから結婚式をしない」というのは、なんだか、悲しい選択肢に思えるのです。

再婚であろうと初婚であろうと何回目であろうと「結婚」は「結婚」。再婚だから結婚式をしてはいけないなんて事はありません。再婚の方こそ、結婚式を「新たな出発点」と考え、実施される事をおすすめいたします。

再婚者が結婚式を躊躇する理由と考え方

では、なぜ再婚の方は2度目の結婚式を躊躇されるのでしょうか。これにはいくつか理由が考えられると思います。一つずつ考えてみましょう。また、解決策についても触れておりますので参考にしてみてください。

【理由1】2度もご祝儀をもらっていいの…?

1度目の結婚式に参加してくれたゲストから2度目の結婚式において、改めてご祝儀をもらう事に戸惑いを感じる方もいる事でしょう。しかし、結婚式はお祝い事ですので、ご祝儀を2度もらう事に関しては何もおかしい事はありません。要するに当事者の気持ちの問題なのです。もちろん、ゲスト側も「前の結婚式で、ご祝儀を渡したのに…」と不満に思われている可能性もあります。

解決方法としては、予め「ご祝儀は辞退させていただきます。」という事を結婚式に2度招待するゲストには伝えておけば良いのです。ゲストから「これで2度目だし、ご祝儀はいらないよね?」等という事は言えないので、新郎新婦から必ず伝える事が必要です。ただし、この場合お二人の金額面での負担は増えるという事は忘れないでくださいね。

または「結婚式」という形式にとらわれず、会費制のカジュアルなパーティスタイルにすれば金額も決まっており、ご祝儀よりも料金を抑える事が出来ます。2度出席してもらうゲストにも声をかけやすい事でしょう。

しかし気を付けなくてはいけないのは、お相手や双方のご両親が納得するかどうかという事です。結婚式に正解はありませんが、結婚式は両家の結びつきですので、結婚式のスタイルはそれぞれが納得できるように事前に良く話し合っておきましょう。

【理由2】2度も祝ってもらうのは気が引ける…

結婚式は「祝ってもらう場」と捉えてしまうと、2度も祝福してもらうのは気が引けてしまいますよね。でも「感謝を伝える場」として考えてみてはいかがでしょうか。改めて「隣にいる彼女と結婚生活をスタートします!皆さんこれからも宜しくお願いします。」とか、「こんなに素敵な女性と出会えた事は皆様のおかげです。」等、このような気持ちを伝える場として考えてみてはいかがでしょうか。

また2度目の結婚式参加となったゲストには、引出物を他の方よりも豪華にしておく事で気持ちも落ち着くのではないでしょうか。

【理由3】そもそも面倒くさい

一番腰の重そうな理由ですよね。1度目の結婚式準備が大変だったからという理由などで、そもそも結婚式自体に興味が無いという男性も多い事でしょう。

しかし相手の方にとっては初婚ですから、結婚式はどのような形であれ実施する事をオススメいたします。それに一度結婚式の準備を経験しているので、準備する内容やある程度の流れを理解していて、以前よりもスムーズに結婚式の準備が進められる事でしょう。

【理由4】金銭的に余裕が無い

これはどうしようもない理由ですが、少し視点を変えて、盛大な結婚式を行うのではなく家族だけの結婚式など規模を少し小さくして行う事を考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

上記のような点が再婚者が結婚式を躊躇している原因ではないかと考えます。しかし、結婚式は二人で新たに人生をスタートする決意の場として考えると、再婚者こそ結婚式を行うべきであると筆者は思う訳です。どうか、結婚式を実施しないという再婚者の方は、一度、結婚式を実施する事を考えてみてください。

adsense




adsense




-30代, 40代
-,

Copyright© メイクマリー(Make Marry!!) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.