準備

後々焦らない為に、申し込む前に確認しておきたい見積り内容について

投稿日:

結婚式を考える時「費用」は誰もが気になる点ですよね。出来ることなら少しでも抑えておきたい所でしょう。そこで、結婚式場で申し込みをする前に確認しておくことで、申し込んだ後に「こんなハズじゃなかった」「思っていたより高くなってしまった」「何かキャンセルしないと予算と合わない」といったことを防ぐ為のコツをご紹介します。

是非、結婚式場を決める前によく読んで、会場側と話す材料にしてみてください!

会場側が提示するのは最低限?

会場の見学に行き、色々と見たり試食をしたりプランナーさんと話した後、見積りの提示になります。この時に提示される見積りは”必要最低限の内容”ということが多く、そこから打ち合わせをしていくに連れてどんどん金額があがっていくということがあるのです。

事実、とある会場さんでは顧客単価で平均100万円以上を初期の見積もりからUPさせたとして、話題になったこともある程。その位、最初に提示される見積りの内容や金額というのは、最低限かつ最安値で組まれていたりするんですね。

折角楽しみにしている結婚式なのに、当初の予算をオーバーしてしまいやりたいことが出来なかった、なんてことになると残念ですし、悲しくなります。

上がりやすい見積りの項目

では、実際に打ち合わせ等が進んで行くなかでどの項目の金額が特に変動しやすいか。以下に初期見積りから値上がりしやすい項目と、その対処方法をご紹介します!

1.料理の金額

料理は、ゲスト全員に提供する為、コースの金額を少し変えるだけで総額が大幅に変わります。料理をおもてなしのメインと考えて結婚式を検討している場合、最初の見積もりの段階で金額を実際のものに近付けておくと安心ですね。

会場側に、その結婚式場で挙式する場合のお料理の平均金額を聞いてみたりして、それを踏まえた見積りを最初に作ってもらうと良いでしょう。100名の場合、料理の金額が1,000円上がるだけでも1,000円×100名×サービス料×消費税≒120,000円、と大幅に変わることをお忘れなく!

2.衣装の金額

思いがけず高い金額になりがちなのが”衣装”。新婦さんのドレスなどは一着100万円などになるケースもあり、当初の見積もりから大幅に金額が上がるものの代表格。最初の見積もりに含まれている金額で選べるドレスがほとんどないなど、後から金額がUPしてしまうことが多いので、最初からある程度の金額を見積もっておくのがオススメです。

衣装は会場側で持っている場合と外部の貸衣装専門店と提携している場合など様々あります。衣装にこだわりたい方は、衣装の金額で見積りが大きく変わることも考えられる為、どんな衣装がいくらで着られるのかを確かめてから会場を決める方が良いかもしれません。

3.引出物・引菓子の金額

引出物と引菓子も、初期の見積もりから金額が上がりやすい項目です。

理由の1つとして”人数の7割で数量を換算”というものがあります。結婚式には様々なゲストを招待しますが、家族連れで来る方もいますよね。家族連れの場合は、1家族に1つ引出物・引き菓子を渡すのが一般的とされています。ですので、全てのゲストに渡すことがないという観点で数を”7割”で見積ろうとするのです。

しかしよく考えてみて下さい。ゲストの中で夫婦や家族で出席される方ってどの位いますか?実際にはかなり少ないのでは。そなると必然的に7割ということはなくなるので、そもそもの数が増えますよね。そして金額があがる、という訳です!

4.見積りに含まれていなくて気を付けなければいけない費用

最初に触れたように、会場側が申し込みの段階で提示する見積りは必要最低限のものだけが含まれていることが多々あります。その為、打ち合わせをしていくうちに次々と追加しなければいけないものが出てくることが。その代表的なものとしては、”親御さんの衣装(モーニング、留袖)”があります。

親御さんは、お二人と同じく結婚式の際は【ホスト役】、つまり、ゲストをおもてなしする立場。その為、正装を着るというのが一般的になっています。

モーニングや留袖を持っていない方も多い為、後から気付いて追加料金が発生することに。会場によっても異なりますが、新郎側と新婦側の親御さん4名分を用意するとなると、10万円単位で料金が上がることもあり、更に留袖の場合には”着付け料金”も必要になったりしますので、結構な負担増につながります。

あらかじめ親御さんに、結婚式の際の衣装をどうするかを確認しておき、もしアナタと新婦さんで衣装を用意することになりそうなのであれば、あらかじめ見積りに組み込んだうえで検討するようにしましょう。

他にも、遠方からのゲストへのお車代宿泊費、祝辞や乾杯の発生をしていただいた方への謝礼などなど、見積りに載っていなくて必要になるものというのは色々とあります。お二人がどのような結婚式をしたいのか、どんな会場なのか、などによって見積りの内容は様々になりますが、後から金額が大幅に焦ってしまうことのないように、最初の段階で可能な限り金額を最終的なものに近付けられるよう頑張ってみて下さい!

おまけ ブライダルローンについて

一部の会場では、結婚式の費用を期日までに支払えない新郎新婦さんに対して、ブライダルローンを勧めている会場があります。これはつまりは借金。「ブライダルローンを使えるので費用面は安心ですよ」などといって来る会場もあるそうですが、金利がかかるので余計に出費が増えてしまいます。

ブライダルローンは出来る限り使わずに、どうしても手持ちが足りない場合は親御さんやご家族、ご親戚にお願いして金利などを余計に払わない方法を検討することをオススメします。

adsense




adsense




-準備
-, ,

Copyright© メイクマリー(Make Marry!!) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.