演出

肉食の新郎さん必見!ミートカットで大好きなお肉を振る舞おう!

投稿日:

お肉が大好き!という方、多いですよね。最近ですと「いきなり!ステーキ」さんがどんどん出店をしていますが、どこの店舗も行列が出来ています。お肉が好きな人がいかに多いかを象徴する現象ではないでしょうか。

この記事を読んでいるアナタもさぞお肉が好きなのでしょう。そんなアナタにぴったりな結婚式の演出、それが「ミートカット」です。肉を切る、というなんとも素っ気ない演出のような感じがしますが、一風変わった演出としてアレンジすればゲストが盛り上がることも間違いなし!是非、参考にしてみてください。

ミートカットとは?

ケーキカット、という演出はご存知かと思います。ゲストの前で大きなケーキに新郎と新婦でナイフを入れて「新郎新婦の初めての共同作業です!」といったアナウンスが流れるアレですね。今でもこの演出は一般的なものとして根強い人気があり、中にはオリジナルケーキにアレンジをして一風変わったケーキカットにするという方も。

このケーキをお肉にしてしまおう、というのがミートカットです。そのままですが(笑)ケーキのアレンジがOKならお肉に変えてもOKだろう、という訳ですね。巨大なお肉の塊に新郎新婦でナイフを入れるシーンは、お肉好きなら垂涎物でしょう!

ウェディングケーキはどうする?

ここで気になるのは「ウェディングケーキはどうするの?」というご意見。ウェディングケーキはケーキカットとファーストバイトをする為という側面が強いので、特段ケーキがないといけないという訳ではありません。

もしケーキをデザートとして振る舞いたいということであれば、デザート付きのフルコースや会場によってはデザートビュッフェを用意していることもありますので、そちらで代用すればOKです。

ローストビーフとステーキの違いとは?

アナタはローストビーフとステーキの違いを明確に答えられますか?どちらも牛肉に火を通してナイフとフォークで食べるという点は同じなのに、なぜ名前が違うのか?

ローストビーフとステーキの違い、それはズバリ調理法にあります。ステーキは油などを敷いたフライパンや鉄板に肉を置いて蓋をして焼く「ポワレ」という蒸し焼きの方法。一方ローストビーフはロティという手法で、フォンを使わずにオーブンで焼き上げます。

ステーキが1枚の肉を丁寧に焼くのに対し、ローストビーフは塊のまま焼き上げるという点でも、作り方に違いがありますよね。

メインの肉料理がローストビーフ?

披露宴のお料理といえばメインとしてお肉料理が振る舞われるのが一般的で、更にはステーキ系が主流になります。ミートカットで巨大な肉の塊を用意した場合、メインのお肉はどうなるのでしょうか?もちろんこれを切り分けて新郎新婦からのお裾分けという意味も込めてメインとして振る舞うのも良いでしょう。

ただMake Marry 編集部としてはメインのお肉料理は一般的なものを用意されることをオススメします。というのも、ミートカットで使うお肉はその後振る舞われるとしたローストビーフになるでしょう。ローストビーフはステーキなどに比べるとランクが落ちる傾向にある為、例えば会社の上司などが来られているとしたらお料理的に満足がいかなくなってしまうのです。

であれば、ローストビーフはビュッフェ形式で食べたい方に振る舞うようにして、メインのお肉料理はフルコースに含まれているステーキ系のものにすると良いでしょう。メインのお肉に加えてローストビーフまで!と、アナタがいかにお肉が好きかということをゲストに伝える、強烈なインパクトになること間違いありませんね!

お肉大好きな新郎さん、または新婦さん。是非ミートカットをご検討ください。

adsense




adsense




-演出
-, ,

Copyright© メイクマリー(Make Marry!!) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.