準備 身だしなみ

新郎のタキシードは購入した方がお得?購入をオススメするケース

投稿日:

結婚式の準備を進めている方で、避けては通れないのが「衣装問題」。結婚式の衣装は、やはり花嫁さんのウェディングドレスがメインであり、新郎の衣装はそこまでこだわりがなければ、できるだけ費用を抑えたいものだと思います。

ただ、会社の上司や同僚を呼ぶ手前、新郎の衣装だって何でも良いというわけではなく、ある程度はこだわりたいと考えている男性は多いのではないでしょうか。

新郎側の衣装の調達方法は、大きく分けて2つあります。

  1. レンタルする
  2. 購入する

そこで、新郎のタキシードにおいて、レンタルする場合と購入する場合のメリット・デメリットをまとめて、比較してみることにしました。

 

レンタルのメリット・デメリット

メリット

  1. 価格が割安
  2. オーダーメイドする時間がかからない
  3. 衣装使用前・使用後の管理が不要

デメリット

  1. 自分に合うサイズがない場合がある
  2. デザインが古い、ドレスに比べて選択肢が少ない

購入のメリット・デメリット

メリット

  1. デザインやサイズを自分好みにできる
  2. オーダーメイドじゃなくても、レンタルより選択肢が多い

デメリット

  1. 価格が割高
  2. オーダーメイドの場合、仕立てやお直しに時間がかかる(1ヶ月ぐらい)
  3. 使用前・使用後の管理が必要

金額面での比較

おおよそですが、金額面での相場は以下のとおりです。

レンタルの場合

式場レンタル代:10万円前後

購入の場合

衣装代:15万円前後(オーダーメイドの場合はもう少しかかる場合も)

持ち込み代:1〜2万円

お直し代:1万円

購入の方が安くつくケースもある

上述した金額ですと、レンタルの方が圧倒的にお得だと思います。しかし、「帰国後パーティや二次会など、衣装を2回以上着る場合」となると話は別です。レンタルの場合、上記の金額に、もう1回分のレンタル代+持ち込み代がかかったりします。

一方、購入の場合ですとプラスでかかるのは、持ち込み代ぐらいです。

上記の相場で計算してみると、

レンタルの場合

式場レンタル代(2回分):10万円前後×2=20万円前後

二次会会場への持ち込み代:1〜2万円

合計:21〜22万円前後

購入の場合

衣装代:15万円前後(オーダーメイドの場合はもう少しかかる場合も)

持ち込み代:1〜2万円×2回分=2〜4万円

お直し代:1万円

合計:18〜20万円前後

さらに、購入すると結婚式後の管理が面倒だと思っている方必見の意外なメリットもあります。

購入する場合の意外なメリット

ウェディングドレスに比べたら、保管は断然ラク

ウェディングドレスはかさばるので、とにかく保管・管理が大変ですが、タキシードの形状はスーツとあまり変わらないので、スーツと同じようにクローゼットで保管できます。

小物を中心に、結婚式後も使えるアイテムがある

蝶ネクタイや蝶ネクタイ用のシャツ、カフスは友人の結婚式などでも使えるアイテムです。また、カジュアルめなタキシードであれば、パンツだけ使用することも可能です。

タキシードをスーツにリメイクできる

お店にも寄りますが、タキシードを使用した後にスーツにリメイクしてもらうというサービスがあります。せっかく購入するので、一回だけ着て、その後は着る予定なしという方には良いと思います。

ひょっとしたら、今後もタキシード着る機会があるかも?

タキシードというのは、新郎のみが着る服というわけではなく、パーティーのドレスコードでタキシードを着用することもあれば、結婚式に参加するという立ち位置でタキシードを着用することも可能です。

まとめ

いかがでしたか?私も最初にタキシードを選ぶときは、購入することなんて全く頭にありませんでした。でも、二次会まで開催することやその後の使い道のことまで考えると、購入してしまった方が良い場合もあります。

是非、タキシード選びの際は参考にしてみてください。

adsense




adsense




-準備, 身だしなみ
-,

Copyright© メイクマリー(Make Marry!!) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.