演出

ゲストと一緒に楽しみたい新郎さん、こんな披露宴はいかが?

投稿日:

披露宴の楽しみ方は色々

これから結婚式をしようと考えているあなたは、披露宴をどんな風にしたいと考えていますか?最近の結婚式といえばオリジナリティを追求したいという新郎新婦の要望に応えるように、結婚式場側も様々なスタイルを取り入れています。一生に一度の記念となる日にお二人の大切な方々を招いて行うものですから、あなたらしさ、あなた達らしさを出してみると良いでしょう。

結婚式は、考え方によっては新郎新婦の都合で決めた日取りと会場に、ゲストが時間とお金をかけて出席してくれるものですから、しっかり楽しんでもらいたいですよね。結婚式というとよく聞かれるのが「新郎新婦と全然話せなかった」といった類の感想。

そこで今回は、新郎新婦とゲストが一緒にじっくり楽しむことが出来る披露宴を実現する為のアイデアをご紹介します。

新郎新婦の席を各テーブルに用意する

新郎新婦の席は高砂に作るの常識。多くの方はこういった認識でしょう。それは勿論間違ってはいないのですが、だからといってゲストのテーブルに席を用意してはいけないという決まりもありません。それならば、いっそのことゲストの各テーブルに新郎新婦用の席を用意して、一緒に混ざってしまうというのも良いのでは?

新郎新婦からお酌に行く

披露宴というと、新郎にお酌をしようと多くのゲストが新郎の傍で列をなしている光景をよく目にしますよね。お祝いの意味を込めて頂くものですから有難く頂戴するのが礼儀です。

そこを逆に、新郎新婦から列席のお礼や日頃のお礼を込めてお酌をしに行くことでおもてなしの気持ちを伝えることも出来ますし、お酌するタイミングでゲスト1人1人と話をするタイミングも持てます。ゲストからしても新郎新婦から席に来てお酌してくれるとは思っていないでしょうから、喜ばれることでしょう。

高砂をオープンな席にする

高砂=メインテーブルというと、新郎新婦が座る椅子の前に大仰なテーブルが置かれて華やかに彩られていることが多いですね。メインの席ということで披露宴の飾りつけの目玉ともいえる場所なので、しっかりとした

ただ、一般的なメインテーブルはゲストがなかなか近づき辛いという側面もあります。そこで、メインとして席は設けつつもテーブルを置かずにオープンにしてしまうというレイアウトに。そうすると正面からサイドからバックからと、どこからでもゲストが新郎新婦にアプローチが出来てゲストの方もメインに来易くなるんですね。

サイドテーブルなどを用意してもらえばそこに料理や飲み物も置いておけますし、ラグジュアリーなソファー席などにすると雰囲気もまた一味違って楽しいですよ。

お色直しをしない

新婦さんや女性のゲストからすると、お色直しをしないというのは少し抵抗があるかもしれません。ドレスを複数着たいという新婦さんと、新婦さんがどんなドレスを2着目に選んだのかを見たいという女性ゲストのことを考えるとそれもうなずけますね。

ただこのお色直し、どの位時間がかかるかご存知ですか?テーブル数や会場の広さ、チェンジする衣装によっても異なりますが最低でも30分程度はかかるものなのです。長い時にはもっと時間がかかってしまい、それだけゲストと過ごす時間もなくなってしまいます。

余興を入れない

披露宴を盛り上げるのに一役買ってくれるのがゲストの方もしくは新郎新婦などによる「余興」。歓談だけではなく催しを入れることで、会場の一体感が出ることもあるので取り入れる方が多いです。

ただこの余興、当日のゲストの中から一部の方にお願いすることになるので場合によっては一部の方以外盛り上がらない可能性もあり、内輪ネタになってしまうことも。それであれば、全員が平等に楽しめるようにしたいものですね。

まとめ

いかがでしたか?結婚式というとわからない事が多く、何かと「こういうもの」というイメージも強いのでは。実際、プランナーさんによっては定番の形式で進行や内容を組まれてしまう可能性があるので、「こんな感じにしたい」というイメージがあればしっかりと伝えて、お二人らしい結婚式にして下さい。

adsense




adsense




-演出
-,

Copyright© メイクマリー(Make Marry!!) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.