演出

新郎の好感度アップポイント

投稿日:

新郎は王子様

新郎の結婚式当日にこれをしておくと好感度アップ!というポイントをお伝えしたいと思います。

結婚式当日の主役はもちろん、お二人ですが、新婦はお姫様、新郎は王子様なわけです。オジサマではありませんよ!お・う・じ・様 つまり、お姫様を『エスコート』してあげなくてはいけないのです。

普段、彼女を上手くエスコートできているから大丈夫、と思ったそこのあなた!結婚式のエスコートは普段とは一味違います。ひとまず、この記事を読んでおいてください。グッとカッコ良さが増しますよ!

普段とは違う

まず、衣装です。おそらく、たいていの新婦は普段よりヒールの高い靴を履いています。また、ドレスも着慣れていないでしょうから動きにくいんですね。もちろん、会場のアテンダー(介添え人)がついているのでサポートしてもらえると思いますが、それでもやっぱり歩きにくいものなんです。

次に多くの人に見られている。ということです。主役ですから当たり前ですよね。写真もバシバシ撮られます。せっかくなら、素敵な写真を撮られたいですよね!

新婦をおいていかないで!

さて、新郎のあなたは何をするかというと、まず第一に大切なことは「新婦をおいていかないこと」

筆者が担当したお客様の中でも、新婦を置いて先へ先へ行ってしまわれる新郎がいました。やはり、残念な感じになってしまいますよね。気持ちがそわそわして、急ぎ足になってしまうのかもしれませんが、ひとまず落ち着いて!彼女の手をとって一緒に一歩前を歩いてエスコートしてあげて下さいね。

階段は姫エスコート!

第二に「階段を降りるときは姫エスコート」新婦を手すり側へ誘導し、新婦より少し先に進みながら新婦の方を確認しながら、ゆっくりと階段を下りてください。新婦が手すりと反対側の手をドレスの裾を持つなどの必要がなければ新郎のあなたがそっと手をとり、動く手すりになってあげてくださいね。微笑みながらお願いしますね。

いずれにせよ、新婦は両手がふさがってしまいますので、新郎の空いた一方の手でブーケを持ってあげてください。スマートにお願いしますね。練習しておいてもいいかもしれません。

イイ男になれるかも!

いかがでしたでしょうか。このようなちょっとした動作を気にするだけでグッとカッコ良い新郎になれますよ!新婦側のゲストからの評価も高くなるかも!

adsense




adsense




-演出
-,

Copyright© メイクマリー(Make Marry!!) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.