身だしなみ

実年齢よりも若く見える秘訣はスキンケアにあった!

更新日:

アラフォー男性の皆様、毎日のスキンケアはきちんとしていますか?人の第一印象は3秒で決まってしまいます。以前第一印象についてご紹介しましたが、今回は第一印象で最も印象に残るであろう「顔」を、どうしたら印象良く感じてもらえるかについてご紹介していきます。

スキンケアをして素肌イケメンになろう

顔がカッコイイかどうかという話ではありません。いくらイケメンでも肌荒れをしていては相手に良い印象を持ってもらえないかも。そこでアドバイスしたいのが、スキンケアに力を入れてトラブルの無い肌を目指すという事です。結婚式を控えている新郎さんにも役立つ情報ですので、ぜひチェックしてみてください。

「自分は毎日顔を洗っているから大丈夫!」と安心してはいけません。顔を洗う事だけがスキンケアでは無いのです。スキンケアとは日本語で訳すと「肌のお手入れ」の事です。洗顔の他に化粧水などを使用して保湿する所まで含まれます。

女性より男性の肌の方が危険

男性の肌は実は女性よりも過酷な環境に置かれています。なぜなら、髭を剃ったり、保湿をしなかったり、日焼け止めをする習慣も無いので外的な刺激から肌を守る事が出来ないなど、肌トラブルが起きやすい状況にあるのです。

女性の場合ですとスキンケアは当たり前のように行っていますが、男性は面倒くさかったり、男だからと言ってスキンケアを軽視している傾向にありますよね。もしこの記事を読んでいる方がアラフォーの男性であれば、何十年も積み重ねてきた肌の状態を救出しなくてはいけません。

具体的な方法

では、具体的にどのようにしたら良いのかという事を説明していきます。

正しい方法で洗顔しよう

まずは、やはり洗顔が必要です。洗顔料は男性向けのものはスクラブやメンソールが入っているものが多く出回っていますが、出来ればそのような特別なものが入っていない洗顔料を選ぶ事がオススメ。本来必要な保湿成分が知らず知らずのうちに奪われてしまう可能性があります。

洗顔の泡立ては洗顔用のネットを使用してしっかりと泡立てましょう。洗顔料を手に取って軽い泡立てのまま顔を洗っていませんか?洗顔ネットできめ細やかな泡を作る事で肌へのダメージを防ぎながらしっかりと、洗浄する事が出来ます。

男性にありがちな洗い方なのですが、ゴシゴシと洗ってしまうと必要な皮脂まで落としてしまうので、優しく洗う事を心がけましょう。泡立てが面倒に感じる場合は、予め泡で出てくるタイプの洗顔料を選べば簡単です。洗顔後はタオルを顔にスタンプを押すようなイメージで、水分を取ってください。この時もゴシゴシしてしまうと肌荒れの原因になってしまいますので、優しくスタンプして水分を取りましょう。

化粧水をつけよう

化粧水は女性だけのアイテムではありません。男性も必要なものです。洗顔後の肌は水分が不足しており、そのまま放置しておくと、カサカサ肌やニキビ肌の原因になってしまいます。

出来れば、洗顔後5分以内の化粧水の使用をオススメいたします。手に取って押し込むようなイメージで化粧水をなじませていきます。化粧水はたっぷり使用する事が大事です。少しすると肌がひやっとしてきますが、これが肌に水分が入った状態です。肌に水分が入ると肌の温度が下がるのです。乾燥が気になる場合はコットンに化粧水をなじませて、パックをするようにしましょう。

乳液で蓋をしよう

乳液を使用した事のある男性は少ないと思いますが、化粧水と乳液はセットだと思ってください。化粧水だけでは水分が蒸発してしまい、化粧水を使用した意味が無くなってしまいます。乳液は化粧水を閉じ込める蓋の役割をしてくれますので、スキンケアには欠かせない重要なアイテムです。

化粧水が十分に肌になじんだ後に乳液を滑らせるように顔全体に広げます。これも力任せでは無く、優しく宝物に触るようなイメージで行ってみてください。最初はべたつく感じがするかもしれませんが、次第に慣れてきますので続けてみましょう。または、べたつきの少ないジェルタイプの乳液を選ぶと良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。このケアを一か月くらい続ければ、肌の状態が整いハリと潤いのある肌に生まれ変わる事でしょう。スキンケアは継続が大事なので、面倒に思うかもしれませんが習慣化してしまえばOK。肌の調子を整えるだけで、もしかすると女性から声をかけられるかもしれませんよ!あなたもモテ男になれる日が近いかも!

adsense




adsense




-身だしなみ
-, ,

Copyright© メイクマリー(Make Marry!!) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.