身だしなみ

女性は「におい」に敏感!彼女と長続きする為に体臭ケアをしよう

更新日:

女性が男性に魅力を感じる一つに「におい」があります。男性の皆さんは女性のシャンプーの香りやハンドクリームの香りにドキッとした経験をお持ちではないでしょうか。

実は女性は男性よりも嗅覚が鋭いという研究結果が報告されています。

嗅球の総細胞数は女性が1620万個、男性が920万個で、女性の方が1.76倍多く、そのうち嗅細胞数は女性が690万個、男性が350万個で、女性の方が1.97倍多かったことを報告しています。

引用:機能性アロマソサエティ

以上の研究結果からも読み取れるように、女性は「におい」に敏感なのです。

”におい”が記憶を呼び覚ます

「あ!このにおい、あの時のにおいに似てる!」とか「おばあちゃん家のにおいがする」など、”におい”は人間の記憶に強く残りますよね。これは、「プルースト効果」と呼ばれる心理現象だそうです。この心理現象を女性を振り向かせる一つの方法として考えると、嗅覚の鋭い女性には「この人いいにおい」と彼女の記憶に自分を焼き付けてもらえるようにする方法が考えられます。

体臭ケアをしよう

では、男の「いいにおい」を作り出すにはどうしたら良いのでしょうか。香水をつける?消臭剤を振りかける?という事が考えられるかもしれませんが、そもそもの体臭が女性ウケしない場合には、もっと根本的なケアが必要になってきます。

体臭ケアをする事で女性に受け入れてもらえるにおいを作り出しましょう。「いいにおい」というのは香水などの香りではなく、その人本来が持っている”におい”の事です。

それでは、体の各部分のケアについてご紹介していきます。

脇の下

脇の下にはアポクリン線という汗腺が集中していますので、汗をかきやすい箇所です。汗が出やすい箇所は雑菌が繁殖しやすいです。汗をかいたまま放置してしまうと強烈なにおいがしてくるので、日々のケアが大切です。

まず、直接触れる衣類に雑菌が増えないように服をこまめに洗濯しましょう。制汗剤の使用もオススメしますが、においの原因は生活習慣にも起因しますので、油っぽい食事、高タンパク質の食事、タバコやお酒の摂取量にも注意をしましょう。ワキガの人は特別なケアが必要な場合がありますので、一度専門医に相談しましょう。

耳の後ろ

耳の後ろからは40歳前後になると加齢臭が発生します。「おじさんくさい」というのはこの耳の後ろのにおいを示します。耳の後ろは皮脂などの汚れを洗い残ししてしまいやすい箇所ですので、入浴時にはきちんと泡立てた泡で洗うようにしましょう。

頭・髪

頭皮は常に外気に触れていますので、様々な雑菌が付きやすく、皮膚やフケが細菌の餌になりやすい箇所です。また、空気中の”におい”を吸収して”におい”を放ちますので、タバコを吸っている人は定期的な換気をして煙が部屋にこもる事の無いようにしましょう。

日々のシャンプーで頭髪のケアをしてください。生乾きの状態を放置すると頭皮に雑菌が繁殖しやすくなりますので、髪を洗った後は濡れたままにせずしっかりと乾かすようにしましょう。

足の裏

靴下や靴を履き、密閉されるので蒸れやすい箇所です。足の裏の皮膚は分厚い為、摩擦により皮膚がはがれやすく、それが雑菌を繁殖させる原因になります。お風呂では石鹸で洗いましょう。

ボディソープには保湿成分が入っており、その成分が足を保湿してしまい靴を履いた時に蒸れやすくなるそうです。爪にたまったゴミや指の間の汚れも落としましょう。とても気になる人はお酢を使用して足湯をしてください。お酢には殺菌効果があるそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。”におい”のケアは急に出来るものではありませんよね。日常生活でこまめにケアをしていく事で、少しずつ消臭をして本来の「いいにおい」を放ちましょう。また、女性を”におい”で嫌な気持ちにさせない為にも、結婚生活を送って行くうえでも日々の努力を心がけましょう。

adsense




adsense




-身だしなみ
-,

Copyright© メイクマリー(Make Marry!!) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.