準備

新婦の意向に合わせて大丈夫?挙式スタイルのあれこれ

投稿日:

挙式のあれこれ

「挙式」と言っても様々なスタイルがあります。キリスト教式、人前式、神前式など。結婚式は新婦さんに任せている新郎さんが多いと思いますが、挙式のスタイルはそれで本当に大丈夫ですか?

任せ過ぎていて思っていた挙式のスタイルでは無かった!という事もあるかもしれません。また、費用も各スタイルによって変わって来ることもあるので、新郎さんが金銭面を握っている場合も多いと思います。自分自身できちんと確認をしておきましょう。

今回は、各挙式スタイルと当日の進行を記載していきます。参考までにご確認ください。

キリスト挙式

キリスト教式は大きくプロテスタント式とカトリック式に分けられます。専門式場やホテル、ゲストハウスなどのチャペルで行われる式はほとんどがプロテスタントです。カトリックでは信者以外の式は認められていませんが、プロテスタントはカトリックのような厳しい規制はありません。

結婚を誓う先は神様であり、荘厳で厳粛な式を行う事が出来ます。一番人気の挙式スタイルですので、多くのカップルはキリスト教式を選ぶ傾向に。時間は30分くらいで、牧師さんが進行をします。

■流れ■

新郎入場

新婦入場

讃美歌斉唱

聖書朗読・式辞

誓約

指輪の交換

誓いのキス

結婚証明書へ署名

結婚宣言

讃美歌斉唱

新郎新婦退場

人前式

人前式は宗教とは関係なく、ゲストの前で結婚を誓う挙式です。ゲストに二人の結婚の証人になってもらいます。式の進行を二人のオリジナルのプランで進める事が出来るので、個性的な挙式に。また場所も選ばないので、披露宴会場で行う事も出来ます。

しかし、一方で年配の方には受け入れてもらえない場合もありますので、人前式を選ぶ場合には親御さんの承諾は得るようにしておきましょう。キリスト教式と比べると費用も抑えられる場合も。時間は20分くらいで、司会者が進行をします。

■流れ■

新郎新婦入場

開式の挨拶

誓いの言葉

指輪の交換

婚姻届または結婚誓約書に署名(押印)

結婚の承認宣言

閉式の挨拶

神前式

日本では馴染みのある伝統的なスタイル。和装を着て日本ならではの挙式をしたい正統派のカップルに人気です。神前式は神社で行います。また、専門式場やホテルにも神殿の設備が整っている場合はそこで神前式を行う事も。昔は自宅で式を挙げるスタイルが通常でしたが、大正天皇の婚礼の儀から広く世間に知られるようになったそうです。

■流れ■

参進の儀(さんしんのぎ)

入場

修祓の儀(しゅうばつのぎ)

祝詞奏上(のりとそうじょう)

三献の儀(三々九度の杯)

誓詞奏上(せいしそうじょう)

指輪の交換

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

親族杯の儀

斎主挨拶

退場

まとめ

いかがでしたでしょうか。自分のイメージしている挙式と新婦さんが選んだ挙式の内容は一致していますか?もしくは式場が出している見積もりの内容は確認しましたか?あれ?ちょっと違うかもしれないな…という事でしたら、二人でもう一度話合って、親御さんの意向も考慮しながら検討してみてくださいね。

adsense




adsense




-準備
-

Copyright© メイクマリー(Make Marry!!) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.