準備

引出物は必ず必要?ゲスト目線で考えた引出物の渡し方とは?

投稿日:

結婚式といえば、披露宴会場の各ゲストの椅子の上に引出物や引菓子を入れた紙袋が置かれているのが一般的ですね。ゲストからしてみても、どんな引出物がもらえるのかは結婚式の楽しみの一つとも言え、新郎新婦も慎重に品物を選びます。

カタログギフトが登場して以来、引出物にカタログギフトが選ばれる傾向が強くなりましたが、中にはゲスト1人1人に合う品物を選んで渡すという新郎新婦もおり、結婚式に対する、ゲストに対する新郎新婦の考え方が垣間見えるアイテムと言えます。

引出物は椅子に置いておくもの?

ではこの引出物、ゲストに差し上げるとしてやはり椅子に置いておくのがベストなのでしょうか?今回はゲスト側から考えるとどうするのがベストなのか、ご紹介したいと思います。

郵送するのも有り

結婚式は、新郎新婦の都合で会場と日程を決めますよね。その為、ゲストによっては遠方から飛行機や新幹線などを利用して参列するというケースも。宿泊が必要な場合には荷物も多くなります。そんな時、引出物が荷物として増えると少し大変になるかもしれません。

また、結婚式というと二次会をやることも多いですが、引出物は二次会会場にも持って移動しなければいけません。基本的に同じ袋に入っていて見分けもつかない為、楽しみ過ぎてお酒を沢山飲んだ結果、引出物を間違えてしまうという可能性も。

であれば、結婚式当日に引出物を持って帰ってもらうのではなく、自宅宛てに郵送をして当日は手ぶらで楽しんでもらえるようにするとゲストにも喜ばれるでしょう。

パネル系にする

カタログギフトはいまだに根強い人気があります。「好きなものを選べる」「かさばらない」というのが人気の理由ですが、選ぶのが大変だという人や、ゲストに丸投げという考え方も。そして実は意外に重たくて持って帰るのが億劫だという側面もあります。

パネルとは、その商品が書かれたパネルと目録を用意し、本人の手配で商品と交換することになりますが、ゲストに合ったものを新郎新婦が選んでくれたという喜びと、重さもさほどないので持ち帰りも負担にならないというメリットがあります。

adsense




adsense




-準備
-,

Copyright© メイクマリー(Make Marry!!) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.