準備 身だしなみ

新郎もサムシングフォーを身に着けよう!

投稿日:

サムシングフォーって何?

サムシングフォーという言葉をご存知ですか?結婚式の準備が始まって、新婦から聞かされた新郎も多いのではないでしょうか。結婚式でサムシングフォーを身に着けた花嫁は幸せになれるという欧米のジンクスがあります。

サムシングフォーとは英語で「Something Four」と書きます。「4つのもの」という意味です。この4つのものとは下記の4つを示します。

Something Old(何かひとつ古いもの)、Something New(何かひとつ新しいもの)、Something Borrowed(何かひとつ借りたもの)、Something Blue(なにかひとつ青いもの)

サムシングフォーの起源

イギリスの古い詩であるマザー・グース(英米を中心に親しまれている英語の伝承童謡の総称)を由来とする説明がありますが、根拠は見つかっていないそう。

原文は以下の通りです。

なにかひとつ古いもの、なにかひとつ新しいもの (Something old, something new, )

なにかひとつ借りたもの、なにかひとつ青いもの (something borrowed, something blue, )

そして靴の中には6ペンス銀貨を (and a sixpence in her shoe. )

出典:Wikipedia

欧米ではサムシングフォーの習慣が一般的に広まっています。日本でもブライダル産業の宣伝により、広く知られるようになりました。

新郎だってサムシングフォーを身に着けてもいいよね

サムシングフォーは花嫁が身に着けることが一般的に知られていますが、新郎もこの幸せになれるジンクスにあやかって、サムシングフォーを身に着けてみてはいかがでしょうか。

それでは、新郎のアイテムにはどんなサムシングフォーが考えられるのか、新婦のアイテムと共にご紹介していきましょう。

■Something Old(何かひとつ古いもの)

新婦の場合だと、お母さんやお祖母ちゃんが身に着けていたアクセサリーやウェディングドレス、ベールなどがあります。新郎の場合ですと、お父さんやお祖父ちゃんから引き継いだアクセサリーや万年筆などを身に着けてはいかがでしょうか。先祖代々受け継がれているアイテムがあればそれをSomething Oldにするのも素敵ですね。

■Something New(何かひとつ新しいもの)

新生活のスタートを表す何か新しいもの。一般的には新調したものなら何でもOKですが、新婦の場合は白いものを用意することが多いようです。ウェディングドレスや、グローブなどがそのひとつとされます。新郎でしたら白にこだわると範囲が狭くなってしまいますので、白にこだわらずに考えましょう。例えばタキシードやタキシードに身に着けるチーフや靴、靴下が良いかと思います。

■Something Borrowed(何かひとつ借りたもの)

先に結婚をして幸せな結婚生活を送っている友人や親族などの持ちもの、例えばカフスボタンやタイピンを借りて、先輩夫婦との縁を表します。また、二人が結婚生活を先輩カップルのように円満に送れるようにという願いも込められています。

■Something Blue(なにかひとつ青いもの)

あまり目立たない所に身に着けることが良いとされています。新婦の場合ですと、ガーターに青いリボン飾りをつけることなどが考えられます。新郎の場合でしたら、下着やブートニアにさりげなく青を取り入れると良いかもしれません。

そして靴の中には6ペンス銀貨を

マザー・グースの原文の最後には「そして靴の中には6ペンス銀貨を」という文が残っています。日本ではあまり馴染みがありませんが、このジンクスをコンプリートする為に6ペンスの銀貨を靴に忍ばせたら、もっと幸せになれるかもしれませんね!靴ではなく、胸ポケットに入れる方も増えているそうですよ。

ただし、残念ながら6ペンスの銀貨は現在、製造されておりません。ブライダル専門店などで取り扱いがあるようなので、探してみてくださいね。

サムシングフォーを考える時間も大切な時間に

いかがでしたでしょうか?新婦が幸せになれると言われているサムシングフォーを新郎も新婦と一緒に身に着けて、新郎新婦共に幸せになってみませんか?また、このサムシングフォーを新郎新婦で一緒に考える時間も楽しい時間になるかもしれませんね!

adsense




adsense




-準備, 身だしなみ
-,

Copyright© メイクマリー(Make Marry!!) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.