挨拶

新郎さんの最初の難関。結婚式の最初の『挨拶』は必要なのか?

更新日:

スタートは『挨拶』が肝心!

「ウェルカムスピーチはいかがなさいますか?」とプランナーさんに聞かれることがあると思います。何それ?と思う方もいらっしゃると思いますが、披露宴スタートの際のゲストへ対する大切な『挨拶』です。

日本は挨拶の文化がありますね。朝は「おはよう」昼に「こんにちは」夜は「こんばんは」、会社だと「お疲れ様」「お世話になります」などでしょうか。

私たちは日常生活で『挨拶』をするのは当たり前です。日本以外の国でも『挨拶』はスタイルは違えどもあるはずです。

ウェルカムスピーチをしよう!

恥ずかしいとか、緊張してしゃべれなくなっちゃうとか思って、ウェルカムスピーチをしないという選択をされる方も中にはいらっしゃるかと思いますが、一言でも二言でも良いので、ウェルカムスピーチをすることをおススメいたします。

もちろん、当日は司会の方が進めてくれると思いますが、せっかく皆様に集まっていただいているので、感謝の気持ちを込めてウェルカムスピーチをしましょう。

短い言葉で大丈夫!

長文では無くて良いんですよ!

例えば、暑い日であれば「皆様、本日は暑い中、私共の結婚式の為にお集まりいただきまして、誠にありがとうございます。美味しいお料理と美味しいお酒で楽しんでください!」

など、感謝の気持ちを表す短文で大丈夫なんです。

皆さん、お二人のお祝いがメインですが、お料理を心待ちにしていらっしゃるゲストもいらっしゃると思いますので、簡潔にまとめて問題ありません。

adsense




adsense




-挨拶
-,

Copyright© メイクマリー(Make Marry!!) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.