挨拶

最初が肝心!新郎のカジュアルなウェルカムスピーチの挨拶の仕方

投稿日:

ウェルカムスピーチとは?

結婚式に参列した時、披露宴で新郎新婦が高砂に着いた直後に新郎が挨拶をしているのを見たことはありますか?あの挨拶こそが、『ウェルカムスピーチ』です。式と披露宴とを繋ぐ、短いながらも大切な挨拶になります。

ウェルカムスピーチの役割

結婚式は大きく分けて次の2つに分かれます。1つ目は、結婚の誓いを立てる「式」。2つ目が参列頂いた方々をおもてなしする「披露宴」です。このうち「式」については、神聖な場として厳かな空気が流れることが多く緊張感が漂います。参列頂いた方々の前でしっかりと誓いを立てた後、披露宴に入ります。

披露宴に入る際、多くの方は式の時の緊張感から解放されて少し気が楽になっていることでしょう。それでも結婚式という場面の特性上、まだ緊張感があるのもまた事実。そこで、披露宴に入る際に新郎からおもてなしの言葉を伝えることによって、式への参列のお礼と披露宴を楽しんでもらえるよう区切りの挨拶をする、それがウェルカムスピーチの役割です。

ウェルカムスピーチの構成

基本的な構成としては、「当日の参列へのお礼」「挙式が済んだことの報告」「おもてなしの席を用意したことを伝える」「どんな風に過ごして欲しいか」「締めの一言」といった流れで組まれていればOKです。

カジュアルなウェルカムスピーチとは?

<一般的なウェルカムスピーチの例>

1.皆様、本日はお忙しい中、私たちの結婚披露宴にご出席下さいましてありがとうございます。

2.先ほどチャペルにて、皆様方にご覧頂きながら無事、挙式の儀を済ませることが出来ました。ありがとうございました。

3.ささやかではございますが、おもてなしの席をご用意させて頂きました。

4.心行くまでごゆっくりお楽しみ頂けたら幸いです。

5.本日は、どうぞよろしくお願いいたします。

一般的なウェルカムスピーチは、上記のような流れになります。では「カジュアルな」とはどんな風になるのか。カジュアルなウェルカムスピーチでゲストに目一杯楽しんでもらいたい!というあなたには、是非以下を参考にしてみて頂ければと思います。

1.皆様、本日はお忙しい中、私たちの結婚披露宴にご出席下さいましてありがとうございます。

2.先ほどチャペルにて、大変な緊張感の中、皆様のお陰で無事式を済ませることが出来ました。

3.こちらの結婚式場は、料理にとても定評のある会場で、そんな中でも本日は是非皆様に存分に楽しんで頂こうと、素晴らしい料理とお酒をご用意させて頂きました。

4.本日は、美味しいお料理とお酒をご堪能頂き、楽しんで頂ければ幸いです。どうぞお好きな様にお楽しみください。

5.本日は、どうぞよろしくお願いいたします。

どうでしょう?単に「楽しんで下さい」というのではなく、新郎新婦がどんな気持ちでこの席を用意したか、どんな風に楽しんでもらいたいかが伝わってくる文章ではないでしょうか?結婚式に参列する時は、一般的に全員が緊張しているもの。しかし折角の素敵な日を緊張したまま過ごしては、料理もじっくり味わえません。新郎新婦からの粋な計らいが、当日を何倍も楽しめる日にすることが出来るのです。

カジュアルなウェルカムスピーチのまとめ

いかがでしたでしょうか?ウェルカムスピーチは披露宴の最初のほんの短い挨拶ではありますが、当日の中で最も長い時間を過ごす披露宴だからこそ、ゲストの方々には楽しんでもらいたいと思うのが新郎新婦の本音ではないでしょうか。だからこそ、どのようなスピーチをするかでその後の雰囲気もガラリと変わります。

とはいえ、そこは結婚式という特別な場所。あまり砕けてしまっては、という方もいると思います。どのようなゲストが来られるのか、どのような1日にしたいのかということをしっかりとイメージしながら、是非、あなたらしいウェルカムスピーチで参列下さった皆様に気持ちを伝えて見て下さいね。

!ワンポイントアドバイス!

式場にもよりますが、プランナーさんにウェルカムスピーチの文面を相談してみるのも手です。過去にどんなウェルカムスピーチがあったか、実際に会場の事例を参考にすることで、あなたらしい挨拶が出来ると思いますよ♪

adsense




adsense




-挨拶
-, ,

Copyright© メイクマリー(Make Marry!!) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.