挨拶

【結婚報告】相手宅への訪問時のマナー

投稿日:

正しいマナーで好感度アップ

プロポーズも無事に済ませ、いざ、結婚報告をする為に相手宅へ訪問する事になりますが、正しい訪問マナーはご存知でしょうか?営業の仕事をしている方は会社への訪問マナーは身についているとは思いますが、個人のお宅へ訪問する際のマナーは知らない方も多いのでは?

そこで、今回は婚約者の実家へ伺った際の正しいマナーをご紹介いたします。正しいマナーで訪問して、好感度アップを目指しましょう。今後、相手のご家族との関係性も良好に築けるかもしれませんよ!

喜ばれる手土産を選ぼう

訪問時には必ず、手土産を持っていくようにしましょう。価格は3,000円~5,000円くらいのものを選んだら良いと思います。

お菓子や季節の果物が無難ですが、事前にご両親の好きなものが分かっていればそれを用意するとより一層喜ばれるかもしれませんね。

例えば、日本酒がお好きであれば日本酒を選ぶとか。生ものではなく、日持ちするものを選びましょう。また、切り分けが必要な相手側にひと手間かけさせるものよりも個包装されているものを選びましょう。

のしは基本的に必要はありませんが、どうしてもつけたい場合には紅白の結び切りで「外のし」にしてください。下段には二人の姓を記載します。

玄関の上がり方

日取りを決めて、手土産も用意したら、いよいよ訪問です。相手宅に着いたら、まずは外でコートを脱いでからインターホンを鳴らします。相手側に背をなるべく向けないように玄関口まで入ります。

靴を脱ぐ前に「初めまして、〇〇です。今日はお忙しい中、お時間をいただきありがとうございます。」と挨拶をしましょう。そのまま正面を向いた状態で靴を脱ぎ「失礼します」と一言添えてから玄関を上がります。準備があれば一度スリッパを履きます。

その後、反対の方向へ斜めになり、膝をつけ半分座った状態になります。そこで靴を外側へ向け直して中央から下座へ靴を寄せましょう。

意外と知らない玄関の上座・下座

玄関の下座とは下駄箱がある側です。しかし、下駄箱の上を飾り棚として使用しているのであれば下駄箱の方が上座です。ややこしいですね。でも、事前にしっかりと覚えておきましょう。

挨拶の仕方は招かれる部屋によって違う

実はどのような部屋に招かれるかによっても、挨拶の仕方が変わりますので、この記事を読んで事前に学んでおきましょう。

洋室の場合

最初の挨拶は立ったまましましょう。先に椅子に座っていた場合でも必ず立ち上がって挨拶をしましょう。お辞儀は背筋を伸ばして腰から上半身を折るようにしてカッコよく決めましょう。

「おかけください」の合図で椅子に座ります。この際に足を組んだり、足を広げたりしないように十分注意しましょう。男性だと難しいかもしれませんが足を揃えるよう心がけましょう。背もたれに寄りかかるのは、もちろんNGですよ。

和室の場合

部屋の端っこか下座に座布団を使用せずに座ります。手荷物は自分の横の下座側に置きましょう。挨拶をしてから手を揃えて丁寧なお辞儀をします。

和室で注意したい点は、畳の縁や座布団を踏まなように歩くことです。

手土産の渡し方

最後に手土産を渡すタイミングですが、席に座る前か、座った後少し落ち着いてから渡すようにしましょう。渡す際には手土産は必ず外袋から出して、相手側に正面が来るように両手で渡します。「つまらないものですが」より、「お口に合うと嬉しいのですが」「お好きだと伺いましたので」など手土産がプラスになるような一言を添えて渡すと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。訪問時のマナーは意外とたくさんありますね。

結婚報告は大事な一歩ですので、マナーをしっかりと事前に学んで今後のお互いの関係をよりよくする為にも彼女の両親に好印象を与えておきましょう。

adsense




adsense




-挨拶
-,

Copyright© メイクマリー(Make Marry!!) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.