準備

異性はアリ?ナシ?結婚式に新郎が女性ゲストを招待出来るかどうか

更新日:

友人女性を招待したいけど…

結婚式のゲストをリストアップした際に女性ゲストがリストアップされる事もあるのではないでしょうか。会社関係の方であれば席次表に肩書が入るので問題は無いと思いますが、「新郎友人」などの肩書で友人として招待される女性ゲストが参加する場合には、周りに有らぬ事を誤解されるかもしれないと不安に思っていませんか?

招待する時の注意点

さて、この友人の女性ゲストを結婚式に招待する場合に気を付けておきたい事を確認しておきましょう。

新婦に話そう

新婦にどのような関係の友人なのかという事を説明しましょう。やましい事が無いからこそ結婚式に呼びたいという事をはっきりと伝えて、大事な友人である為、「君との結婚式にぜひ来てもらいたいんだ。」等と思っている事を素直に言葉に表しましょう。しかし、それでも彼女が拒んだら招待する事は辞めましょう。

親や親族に説明をしよう

予め親や親族に説明をしておきましょう。ご年配の方は「異性」という事だけで非常識であるという考え方や、良からぬ噂をされてしまう場合もありますので、何かの折に伝えておきましょう。彼女の親にも一言伝えておくようにしましょう。

万が一彼女の親族が疑問に感じた場合、まずは彼女の親に話して来ると思いますので、先に説明をしておけば彼女の親があなたに代わって説明をしてくれる事でしょう。

一人で出席の場合は気を配ろう

友人女性が出席OKになった場合はその女性が一人で出席する事もあるかと思います。一人での出席は不安に感じる事もありますので、何かと気配りをしてあげた方が良いです。仲の良いグループでの出席の場合はグループ内で話せるので問題ありませんが、一人の場合は彼女のパートナーを一緒に招待したり、女性のいるテーブルに席を用意してあげてください。

また、新婦と相談をして新婦側のテーブルに席を設けるという方法もあります。気まずい思いをしないように気を配ってあげてください。

下記にも一人で参加する予定のゲストに対する気配り方法を記載しておりますので、参考までに確認してみてください。↓

新郎のゲストに多い?一人で結婚式に参加するゲストへの気配り方法

※上記の記事で一つ気を付けて欲しい事があります。写真を撮る際には同性であれば2ショットでもOKですが、女性ゲストの場合は2ショットにはせず、新婦も一緒に3ショットで写真を撮るようにしましょう。もしかしたら、新婦がやきもちを焼いてしまうかもしれませんので、気を付けておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。女性ゲストを招待したい場合の配慮は意外に大変かもしれませんが、大事な友人であるからこそ結婚式にはぜひ出席をして欲しいですよね。でも、これから一緒に人生を歩む新婦を不安な気持ちにさせてしまっては本末転倒ですので、割り切った考え方も必要ですね。

adsense




adsense




-準備
-, ,

Copyright© メイクマリー(Make Marry!!) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.